Twitter Facebook

菅総理の政党支部の「渉外費」の明細のわからない「その他の支出(1万円以下の支出)は9年間で約2782万円!

はじめに

菅義偉総理の政党支部・資金管理団体については、これまで以下の投稿をしてきました(以下のリンクをクリックしてお読みください)。

 
菅義偉総理の政治資金「収入」を種類別に確認してみました

菅義偉総理の「政治資金パーティー収入」の透明度はわずか0・5%!

菅義偉総理の政治資金の「支出」(2019年、透明度ゼロ「人件費」2458万円超、「翌年への繰越額」約2・3億円)

今回は、菅総理の政党支部および資金管理団体の明細が政治資金収支報告書に記載されない「1万円以下の支出」である「その他の支出」について紹介します。

 なお、菅総理の政党支部と資金管理団体の2011年分以降2019年分までの政治資金収支報告書は公益財団法人「政治資金センター」のHPでご覧いただけます。

1.国会議員関係政治団体の支出の高い透明度(「人件費」を除く)

 政治資金規正法によると、政治団体の一つとして「国会議員関係政治団体」があり(総務省が公表している「現職国会議員の 国会議員関係政治団体一覧 」を参照ください)。この「国会議員関係政治団体」の支出について、 「国会議員関係政治団体」 以外の政治団体のそれに比べ、その明細を記載する基準が厳しい(1万円超。他の政治団体は5万円以上)ので透明度が高いのです。

「支出」の明細の記載および領収書の写しの添付の基準

支出項目 国会議員関係政治団体 (2009年分から) 資金管理団体 (国会議員関係政治団体以外。2008年分から) その他の政治団体 (国会議員関係政治団体・資金管理団体以外)
経常経費(人件費) × × ×
経常経費(光熱水費、備品・消耗品費、事務所費) 1万円超 (その領収書等の写しの情報開示あり) 5万円以上 (その領収書等の写しの情報開示あり) ×
政治活動費(組織活動費、選挙関係費、機関紙誌発行その他事業費、調査研究費、寄附・交付金) 1万円超 (その領収書等の写しの情報開示あり) 5万円以上 (その領収書等の写しの情報開示あり) 5万円以上 (その領収書等の写しの 情報開示あり)
各「その他の支出」(1件1万円以下の支出 「1万円以下」の支出の領収書等(少額領収書)の開示請求可 開示請求制度なし 開示請求制度なし

出典:総務省自治行政選挙部政治資金課「政治資金規正法のあらまし」の一覧表を参照に上脇が簡略作成

2.菅総理の政党支部の支出の透明度

 菅総理の政党支部も「国会議員関係政治団体」なので、透明度は高いです。

ただし、 すでに紹介したように、菅総理の場合、「人件費」は政党支部だけで支払われており、2019年の政治資金収支報告書によると2458万円超で、そのうち政党交付金600万円超が充てられているのに、その明細が記載されないという法律の欠陥を指摘しました。

「自由民主党神奈川県第2選挙区支部」の 2019年 分の政治資金収支報告書における「支出の明細のわかる支出」と、明細のわからない「その他の支出」

支出項目 支出合計額 そのうち
明細記載あり

明細記載なし
(「人件費」以
外は「その他の
支出」)
人件費 24,585,080円  0 円 24,585,080円
光熱水費 368,549円 289,831円 78,718円
備品備品・
消耗品費
2,932,016円 2,518,015円 414,001円
事務所費 5,698,468円 5,508,470円 189,998円
組織活動費 11,960,073円 8,047,282円 (略) 
そのうちの
旅費交通費
(略)  (略)  679,020円
渉外費 (略)  (略)  2,707,902円
交際費 (略)  (略)  10,000円
通信費 (略)  (略)  495,539円
リース費 (略)  (略)  7,740円
車輛修繕維持費 (略)  (略)  12,590円
選挙関係費 0円 ―  ― 
機関紙誌の発行事業費 0円 ―  ― 
宣伝事業費 5,454,874円 5,454,874円 (略) 
そのうちの印刷製本費 (略)  (略)  0円
     宣伝広報費 (略)  (略)  0円
 宣伝自動車維持費 (略)  (略)  0円
政治資金パーティー開
催事業費
10,104,483円 10,076,360 (略) 
そのうちの 経済人
 「春の集い」3月5日
(略)  (略)  9,559円
    経済人朝食会
     6月10日
(略)  (略)  8,564円
    経済人朝食会
      9月2日
(略)  (略)  4,468円
    経済人忘年会
     12月23日
(略)  (略)  5,532円
その他の事業費(初夏
の集い6月8日)
5,277,330円 5,277,330円 0円
調査研究費 0円 ―  ― 
寄附・交付金 4,000,000円 4,000,000円 0円
その他の経費 0円 ―  ― 

 以上の 「自由民主党神奈川県第2選挙区支部」の 2019年 分の政治資金収支報告書における「明細のわかる支出」と、明細のわからない「その他の支出」 の一覧表をご覧いただくとわかるのですが、前述した明細がそもそも記載されない「人件費」以外の支出においては、明細の記載されない「その他の支出」の各金額は必ずしも高額ではなく、透明度が高いことが確認できるのですが、どうも例外がありそうです。

その例外とは「渉外費」の「その他の支出」であり、その合計額が約270・8万円もあるのは、驚きです。

3.菅総理の政党支部と資金管理団体の「渉外費」の「その他の支出その他の支出」

 以上は政党支部の2019年分だけです。

 そこで、政党支部だけではなく、資金管理団体についても、かつ、2011年分以降の「渉外費」の「その他の支出」(1万円以下の支出)の各合計額についても調べてみました。すると、資金管理団体においては、あまり「その他の支出」はなく、政党支部のそれが高額であり、かつ、2019年よりも前の方がさらに高額(例えば2012年は335万円超)であったことが確認できました。

 2011年から2019年までの「 自由民主党神奈川県第2選挙区支部」の「渉外費」の「その他の支出」の合計額は約2782万円もありました。それに比べ「横浜政経懇話会のそれは12万円です。

菅総理の政党支部及び資金管理団体の2011年~2019年までの「渉外費」の「その他の支出」(1万円以下の支出)

   年 自由民主党神奈川県
第2選挙区支部
横浜政経懇話会
2011年 3,342,800円 10,000円
2012年 3,353,843円 0円
2013年 3,333,530円 0円
2014年 3,190,040円 0円
2015年 3,181,200円 10,000円
2016年 3,080,430 円 10,000円
2017年 2,817,573円 0円
2018年 2,811,720円 10,000円
2019年 2,707,902円 80,000円
合計 27,819,038円 120,000円

4. 「渉外費」の「その他の支出」の内容は「会費」?

 以上のように高額な「渉外費」の「その他の支出」にはどのようなものがあったのか、私は知りたくなりました。菅総理の上記政党支部・資金管理団体の各政治資金収支報告書における「渉外費」の明細が書かれている支出の記載を見ると「会費」支出が多く、それは「政治資金パーティーの参加費(政治資金パーティー券購入代金)」ではないかと推察できるものが多いように思います(それ以外の「会費」や「会費」以外もあります。その実態については、いずれも菅総理の政党支部と資金管理団体の事務所に確認する必要があります)。

 
 果たして「1万円以下の政治資金パーティー券」を 「渉外費 」として購入した結果が、「その他の支出」だったのでしょうか?

私は知りたくなりました。そこで、私は・・・・(つづく)。

                   以上。


ページの先頭へ